津波警報
昨日(15日)東日本一帯に津波警報及び津波注意報が発令された。

千島列島沖を震源とするマグニチュード8.1という大きな地震が発生し、
この地震の影響で津波が発生する恐れがあるということで
各地に津波警報・津波注意報が発令された。

特に道東地方は津波警報が発令され、一時騒然となったが
幸い大きな被害はなかったようだ。

昨日は、東方企画委員会の定例会議の日で、”伝成館”において会議を行っていた。
会議も終盤に近づきそろそろまとめにかかろうとしたとき、会員の何人かにメールや
電話がかかり、「テレビで津波警報が出たと騒いでいるよ」という連絡が入った。

釧路・根室地方は予想到達時刻 9:10PM、うねりの高さは1mと報道していた。

正直言って地震による”揺れ”も全く感じなかったし、うねりの高さが1mと言われても
それがどの程度の被害になるのかも想像できなかった。

しかし、奥尻島のときのように予報をはるかに超えた波が来るかもしれないという
恐怖も確かにあった。

結局、予報到達時刻を過ぎても津波の情報も無く、帰宅したが
海岸沿いの住民はかなり緊張した夜を過ごしたことでしょう。

10月初めの台風並みの低気圧、網走地方で発生した”竜巻”
昨日の地震及び津波の心配、そして今日は朝から雷がなって一時停電なった。

地球規模で何かが起こる前触れだと言う人もいるが・・・
もうすぐ年の瀬、寒くもなってくるこの時期に何もあって欲しくないものだ。
[PR]
by seinokk03 | 2006-11-16 09:17 | 「怒」
<< もう一度道路を見直そう! 歩くのやめた! >>