アンダンテカンタービレ
昨日(12月7日)、19:00PMより中標津総合文化会館において
劇団TPS(シアタープロジェクトさっぽろ)による演劇「アンダンテカンタ-ビレ」が上演された。

内容は過疎の町の青年合唱団の練習風景。
団員減少に悩みながら文化祭を目標に活動する姿を
面白おかしく、そしてやさしく表現している作品です。

出演者は総勢9人、ステージには手作りの雛壇が一つあるだけ。
出演者の言葉の端はしに「あるる」、「東武」といった地元の地名や
施設の名前が登場し、親しみやすかった。

劇団TPS(シアタープロジェクトさっぽろ)は札幌を拠点にして活動している劇団で
この作品は2004年に初演して好評を得て今回の再演となったと言うことでした。

最後の挨拶で「また中標津で公演をしたいので、是非呼んでください!!」
といっていた。
もしまた来るような機会があったら是非見たいと思っている。
[PR]
by seinokk03 | 2006-12-08 15:42 | 「喜」
<< ミルキーラーメン スタンプラリー ISO 9001:2000 更新審査 >>