2007年6月29日 交通事故
昨日、昨今の世相を代表するような事故があった。

場所は、町内の交差点・・・と言ってもT字路。

Fさん(女性)は、自転車で買い物を済ませた帰り道。
狭い歩道の上をいつものように軽快に走っていたと言う。
前方に一人の男性が自転車を押して歩道の上を歩いていた。
Fさんは、その男性が自転車のハンドルを左に切ったように見えた
ので、その脇をすり抜けようとした瞬間、その男性は曲がらずに
直進したと言う。
Fさんは、急ブレーキをかけ、自転車から降りようとした瞬間
転んで、腰を強く打ち、背中の骨をつぶす怪我をした。

聞けば、Fさんは75歳、その男性は82歳だと言う。
82歳の男性は、耳に補聴器を入れてはいたものの、
かなり、耳が遠いらしく、Fさんは
「スミマセン!ちょっと通してください!」と叫んだらしいが
聞こえなかったようだ。

話を聞いたとき、これがもし、車同士だったとしたら・・・と
思うとぞっとする。

どちらが悪いと言うことではなく、これから迎える高齢化社会で
頻繁に起きるであろう事故ではないかと思う。

皆さんも交通事故にはくれぐれも注意しましょう!
[PR]
by seinokk03 | 2007-06-29 09:49 | 「怒」
<< 2007年6月30日 道東の梅雨 2007年6月28日 夢見そば祭り >>