「寂」至福の時・・・だけど
日曜日、朝2:00起床。

そそくさと釣り場に向かう。

まだ、真っ暗な中到着すると、先々週はびっしりだった車が一台もいない。

やっぱり昨日までの台風の影響で海が荒れているのか・・・と

目を凝らして海岸を眺めると波はそれほどでもないように見える。

雨も降っていないし風もそれほど強くない。

みんな台風の影響で海が荒れて釣りにはならないと思って来ないのか

もう魚がいなくなってしまったのかと思いながら

せっかく来たのだから竿を振らないで帰るわけにも行かず

荷物を担いで海岸まで歩き、竿をセットして暗い中海に向かって

第一投! すると仕掛けが落ちる音がしたとたん糸が左に大きく流れた。

やはり見た目より波があるのかな? と思いながら

巻き上げようとすると・・・重い!!!

なんと、ごも(海草)の量がはんぱでない!

暗くて見えなかったがかなりの量のごも(海草)が浮遊しているようだ。

誰もいない訳はこれか・・・?

結局釣りにならず、ごも(海草)の少ないところを

探してようやく釣りを始めた時はすっかり夜が明けきっていた。

それでも他に釣り人はまったくいない。

この広い浜辺を独り占めして釣りができる。
f0095426_08163717.jpg
f0095426_08161826.jpg


これぞ「至福の時」。

潮が引き、ごも(海草)も目立たなくなった頃、ぽつりぽつりと

釣り人が集まってきた。

結局昼過ぎまで粘ったが魚の顔は一度も見られなかった。

「至福の時」も こうボウズが続くと、さすがに・・・。



[PR]
by seinokk03 | 2018-08-27 08:26 | 「寂」
<< 「哀」 自戒の念 「楽」至福の時 >>